株式会社華玉

商品についてのご相談・お問い合わせは045-212-1661まで

カップ&ソーサーについて

2017年03月23日

今回は、カップ&ソーサーについて
お話をしたいと思います。

カップ&ソーサーは基本的に、
コーヒーカップとティーカップの二つに分かれます。

それぞれの形には違いがあります。

まずはティーカップについて

紅茶は、ポットで熱いお湯で煎れた紅茶を
カップに注ぎ適温まで冷まします。

そのため、ティーカップは口径が広く、
空気の触れる面が大きくなるような形状になっています。

ティーカップの一般的な容量は200~300cc程度です。

 

次はコーヒーカップについて

コーヒーは基本的に低温抽出ですが、
冷めると美味しくなくなってしまうものです。

そのため、コーヒーカップは口径が狭く背が高い
保温性に優れた形状になっています。

また、コーヒーは一度に飲む量が少なく
カップの容量が120cc~200cc程度と
ティーカップと比べると小さめになっています。

 

ついでに、

デミタスカップもコーヒーカップのうちの一つですが、
こちらは、濃厚に淹れたエスプレッソを飲むために使われます。
容量が100ccかそれ未満で小さいカップです。
ちなみに、デミタスとはフランス語で、デミ(=半分)タス(=カップ)という意味です。

それぞれ飲み物のおいしさを最大限に生かすために
きちんとカップの形状が考えれているのですね。

皆さんも、コーヒーや紅茶を楽しむ際には、
そんなことを考えながら、いつもよりちょっと幸せな
ブレイクタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。