株式会社華玉

商品についてのご相談・お問い合わせは045-212-1661まで

華ちゃんの独り言・第8回 鉄コーティングと鉄黒コートの違いについて

2015年06月25日

第七回の続きです。

繰り返しますが発熱すると温度が上昇し水が蒸発します。

水が無くなれば、鉄の酸化が遅くなり、発熱は停止します。

その間、種籾は温度が高い場合、死滅の危険にさらされます。

それを防ぐために種籾を薄く広げて放熱します。

水を撒布して水の潜熱を利用して温度を下げます。

水添加により酸化がまた始まります。

鉄粉の黒色から酸化鉄の赤色に変化してきますが、どこが終点なのか

時間をかけても判別できません。

これで「鉄黒コート」の利点がお分かりだと思います。

種籾を薄く広げれば良いのです。

早く固めたいとお望みならば方法があります。

炭酸ガスを多量に吹き込めば良いのです。

但し、この場合炭酸カルシウムの結晶が小さくなって強度が

落ちる可能性があります。

以上「鉄コーティングと鉄黒コートの違いについて」お話をしてきました。

ご愛読ありがとうございました。

最後に「鉄黒コート」の利点をまとめました。

今後のご採用を期待しています。

1)科学的安定性

鉄粉は、酸化しやすくその際、発熱し種籾の生死に関わる。

鉄粉の蔵置も問題である。

黒顔料(HY-330,HY-335)は、発熱も無く、変色せず

安定である。

2)造粒後の処置が簡単

発熱が無い為、余計な手間がかからない。

3)作業の安定性

焼石膏は、水と直ちに水和反応を起こして硬化するが、

消石灰は水を添加しても、比較的ゆっくりと固化する。

4)貯蔵の安定性

鉄コーティングは鉄粉の酸化が進行する為、貯蔵に不安が残る。

鉄黒コートはこの点問題ない。

5)経済的

供給量・価格ともに安定している。

鉄コーティングを現在使用中の農家の方へ!!!!!!

鉄粉を黒顔料(HY-330またはHY-335)に切り替える

だけで発熱の悩みが即解決します。

配合比は、従来通りです。

 

 

 

鉄グロパン111

鉄グロパンフ222