株式会社華玉

商品についてのご相談・お問い合わせは045-212-1661まで

土用の丑の日

2014年07月29日

今日は、「土用の丑の日」!!
鰻が食べた~い!
でも天然ものは高いし、中国産は心配だし、中々食べられませんよね!

でもなぜ「土用の丑の日」には、鰻を食べるのでしょう?

 最も有名なのは、売り上げが伸びずに困っている鰻屋に、平賀源内さんが「本日土用の丑の日」と看板を書いて貼り出してやったのが評判に・・・・と言う説。

これが本当なのか定かではありませんが、元々「土用」というのは、中国より伝わる陰陽五行説に基づくもの。
この世のあらゆるものを「木・火・土・金・水」の5種に分類、当てはめたもので、季節なら「春」は「木」、「夏」は「火」、「秋」は「金」、「冬」は「水」に振り分け、残りの「土」は各季節の終わりの約18日間を割り当てます。
この期間を「土用」といい、年4回巡って来ます。
丑(うし)の日は、十二支を1日づつ順に割り振ったもので、12日で一巡します。
「土用」の期間にめぐってきた「丑の日」が「土用の丑の日」なのです。年によっては土用の間に2回巡ってくる場合もあります。

今では「夏の土用」だけが注目されていますが、「土用」は各季節の中でも、厚さ寒さの厳しい時期だったり、「丑の日」は災難が多いと言われ、丑の”ウ”のつく食べ物や丑の方角(北)を守護する玄武の色にちなみ、黒い物を食べると良いとされるんだとか。

現代でもスタミナ食として代表的なウナギは、昔から理に適った食べ物だったんですね。

ウナギは、両方に当てはまりますが、他の”ウ”の付くもの(梅、瓜、牛、ウドン・・・)や黒いもの(黒ゴマ、ナス、黒豆、ドジョウ・・・)を取り入れてみるのもいいかも知れませんね。

又、「土用のシジミ」や「土用の餅」など、厄除けや暑気あたり予防になると言われています。

確かにこれらの食材は、タンパク質やビタミン、ミネラルの補給になったり、厚くても食べやすいものです。
昔からのいわれは、夏の食材を選ぶ上での生活の知恵だったのかもしれませんね。

食材を選らんで、暑い夏を乗り切りましょう!!

朝顔

2014年07月25日

関東では梅雨明けとなり、夏本番の暑い日が毎日続いていますね。

朝顔

画像は道端でみつけた朝顔です。とても涼しげ。
小学生のころ観察日記をつけていたのを思い出しました。

朝顔が日本へやってきたのは奈良時代、最初は漢方の薬用植物として扱われていたそうです。
江戸時代に品種改良が進められ観賞用になったとか。
突然変異が発生しやすいこともあり、八重咲きや花びらが縮れているものなど、
私たちが普段イメージする朝顔の花と全然違うような品種もたくさんあります。
入谷の朝顔市などは毎年40万人の人出だそうで、現在も夏の花として人々に愛されているのがわかります。
浴衣の柄としても定番です。ガラスや磁器の文様としても季節感があって素敵ですね。

そんな朝顔の花言葉は「明日もさわやかに」だそうです。
暑いなかでも、気持ちは涼しげに、さわやかな生活が送れるよう精進してまいります。

削りハマ

2014年07月11日

今回は、陶磁器の技法のひとつを紹介したいと思います。

カフェオレボウル

カフェオレボウル118xH70mm

高台が付いていておしゃれですね

実はこれ、作るのに一手間必要なんです

「削りハマ」と言うのですが

このカフェオレボルは、窯で焼く前は

どんぶり中 (4)

このようなどんぶりの形になっていて

ここから足(ハマ)を削っていきます

削りはま00セット前
削りハマ01()

機械に本体をセットして

削りハマ02()

絶妙な加減で削っていきます
職人技です

削りハマ04

サンドペーパーで仕上げをして

削りハマ03

削りハマ終了です

陶磁器は基本的に手作りで、とても奥が深いです

少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。