株式会社華玉

商品についてのご相談・お問い合わせは045-212-1661まで

中国のコーヒーショップ

2013年04月07日

20090803_620151清朝後期、コーヒーが中国に伝わりましたが、中国の文字に最初、咖啡(珈琲)という文字は存在しませんでした。その後、日本人が先にコーヒーと出会い、コーヒーショップをはじめ、中国の漢語辞典はその“咖啡”を書き上げて、引用しました。

清朝末期中国にもコーヒーショップが現れて、民代には、コーヒーショップは各大都市に広がりました。

今日までに、コーヒーショップは中国各地で広がり、レストランと同じように人々の生活の中に欠かせないところになっています。中国で有名なコーヒーチェーン店には上島コーヒー(UCC)、意濃コーヒー、スターバックス、爵士島コーヒーなどがあり、各コーヒーチェーン店が各自の特色を持っています。ただ中国では、コーヒーショップは高級な店舗であることが多いです。一般的にコーヒーショップへ行く人は主にOLやサラリマンなどで、コーヒー一杯の値段は昼食の値段と大体同じです。これは日本と違って、コーヒーショップは都市の隅々に広がっていて、誰でも普通にコーヒーを味わうことができます。しかし、今の中国人が値段より店の雰囲気を楽しめる人々が多くなって、コーヒーショップに行く人がますます増えてきます。